夫婦

おすすめのイソフラボンで女子力アップ|イライラ撃退スマイル女子

大豆に含まれる人気の成分

女性

更年期障害などの予防効果

大豆に含まれているイソフラボンという成分が注目されています。更年期障害の緩和や骨粗鬆症の予防、心筋梗塞などの循環器系疾患の予防に効果があるからです。また美肌の効果もあるため、特に女性からの注目度が高くなっています。食品安全委員会では1日あたりの大豆イソフラボンの摂取の目安を決めており、70から75ミリグラムが上限となっています。サプリなどから摂取する時は1日あたり30ミリグラムまでと決めています。なぜかというと、過剰に摂取すると女性ホルモンのバランスが崩れる可能性が高いからです。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに構造がよく似ているため、更年期障害などでエストロゲンが不足した場合にそれを補って症状を軽くできます。

美容効果が女性に人気

サプリや健康食品からイソフラボンを摂取する場合は取りすぎに注意が必要ですが、食物からとる場合は食べ過ぎを用心すれば大丈夫です。おすすめの食品は大豆からできている豆腐、納豆、きなこなどです。豆腐は半丁で50ミリグラム摂取できます。納豆なら1パックです。きなこなら20グラムで同程度のイソフラボンが摂取できます。イソフラボンを手軽に摂取するにはサプリや健康食品がおすすめです。取りすぎないように注意をすれば、体内の悪玉コレステロールを減らすことができます。また血液を流れやすくして血圧を下げる効果があるのもおすすめの理由です。色々な会社からサプリが販売されていますが、選ぶ時は1日30ミリグラムという規定に沿った製品を選ぶことが大事です。イソフラボンには美肌効果も期待できるので、特に女性ホルモンが減少する40歳以上の女性におすすめです。今後は美容効果を求める女性にますます愛用されていきます。

体の冷えを改善する方法

さぷり

冷え性を改善するためには、その原因を理解する必要があります。原因により、適しているサプリメントが異なりますので、サプリメントを購入する際には原因に合ったものを選ぶようにするということが効果を実感するためには大切です。

Read More...

病気や老化の予防に有効

男女

生活習慣の乱れなどにより糖鎖に問題が生じると、細胞同士がうまくつながらなくなります。糖鎖の問題は、病気や美容トラブルの原因となります。糖鎖は複数の単糖がつながることでできているのですが、その単糖の中には食べ物では摂取しにくいものもあります。そのため健康食品で摂取している人は多くいます。

Read More...

肝臓に関係する病気

男性

肝臓は機能が低下しても自覚症状はほとんどありません。すでに肝機能障害が進行している場合もありますので注意しましょう。診断された方でも、これ以上悪化しないように医師の指示のもとで治療していきましょう。

Read More...